とよしん創業・新事業相談窓口ページ

3.開業準備その2

※事業を運営するにあたっての許可・届出はどうするのか?

1.許認可・届出

事業を運営するにあたって、資格や許認可が必要な業種があります。
例えば、不動産業、旅行業、クリーニング屋、理(美)容院、薬局などです。

  • ○ 許認可申請窓口機関
  • ○ 許認可申請の時期
  • ○ 税務関係の届出
    • (1)開業後直ちに提出すべき届出
      • ・ 所轄の税務署に対して
      • ・ 都税・県税事務所及び市区町村役場に対して
    • (2)最初の確定申告までに提出する届出
  • ○ 国税・地方税関係
    • (1)国税関係(会社組織)
    • (2)国税関係(個人事業)
    • (3)地方税関係

2.労働保険、社会保険の届出

  • ○ 労働保険
    従業員を1人でも雇用した事業主は、労働保険への加入が義務付けられます。
    労働保険は、雇用保険(失業保険)と労働者災害補償保険(労災保険)からなります。
  • ○ 社会保険
    社会保険は全ての法人(及び従業員5人以上の個人事業)の加入が義務付けられています。