振込限度額の引下げのお知らせ

不正送金防止への対応のお知らせ

現在、インターネットバンキングのIDや暗証番号等を不正に取得のうえ、インターネットバンキングに不正にログインし、お客様の口座から預金を引き出す被害が全国の金融機関で発生しています。
このような不正に預金が引き出される被害を防止するため、当金庫では、下記のとおり、振込利用時(および税金・各種料金の払込時)の認証パスワードについて、ワンタイムパスワードのみ利用できるよう変更いたします。

◎令和3年4月1日より、個人向け「WEBバンキングサービス」における振込等の取引はワンタイムパスワードの登録・利用が必須となります。

  <取引時の本人認証について、ワンタイムパスワードが利用必須となる取引>

・振込
・税金・各種料金等の払込み(ペイジー[Pay-easy])
・<インターネット専用定期の解約手続(とよしんインターネット支店のみ)>

お客様の大切なご預金が不正送金被害に遭わないようにするための対策であり、ご理解願います。

<不正送金対策として現在対応しているもの>(とよしんインターネット支店を除く)

  • 1.平成26年1月1日以降平成27年6月30日までに振込の利用をいただいていないお客様の振込限度額(都度、及び1日累計)を、平成27年7月13日に0円(振込不可)とさせていただきました。ただし、平成27年4月1日以降にインターネットバンキングが登録完了となったお客様を除きます。
  • 2.ワンタイムパスワードのご利用登録がなく、振込限度額が50万円を超える場合は、振込限度額を50万円に変更させていただきます。(令和3年3月31日までの対応)
  • 3.携帯電話・スマートフォンの機種変更、パソコンの買い替えの為、ワンタイムパスワードを利用停止された場合は、利用停止後30日の間に再度ワンタイムパスワードの利用登録がなく、振込限度額が50万円を超える場合は、振込限度額を50万円に変更させていただきます。(令和3年3月31日までの対応)
    ※振込限度額の変更をご希望の場合は、「振込限度額変更依頼書(PDF:19KB)PDFファイル」を取扱店にご提出していただきます。
    振込限度額を50万円を超える金額に引き上げを希望される場合は、事前にワンタイムパスワードの利用登録を行ってください。(令和3年3月31日までの対応)

不正送金対策として引続き、以下の対応をお願いしています。

1.ワンタイムパスワードの利用

 ワンタイムパスワードは、利用時に都度変更される1度限りのパスワードです。
 ワンタイムパスワードは30秒ごとに変更となるパスワードで、パスワード盗難等による不正送金のリスクが軽減されます。当金庫では以下の2種類のトークン(ワンタイムパスワード生成アプリ及び表示機器)をご用意しています。

(1)ソフトウェアトークン

 「ワンタイムパスワード生成・表示アプリ」をダウンロードして、アプリに表示されたパスワードをログイン時に入力します。

(2)ハードウェアトークン

 「ワンタイムパスワード生成・表示機器」を使用し、機器に表示されたパスワードをログイン時に入力します。(キーホルダー型の専用端末)

 お客様はログイン時に、従来の「契約者ID」「ログインパスワード」の認証に加えて、「ワンタイムパスワード認証」が追加となり、そこにワンタイムパスワードを入力することで、インターネットバンキングにログインすることが可能となります。

2.不正送金対策ソフト「PhishWall(フィッシュウォール)プレミアム」の利用

 「PhishWallプレミアム」(無償提供)は、他のセキュリティソフトウェアと併用することができますので、安全対策として、ご利用いただきますようお願い申し上げます。

本件に係るお問合せ先
豊田信用金庫 営業統括部 IB担当
電話番号:0565-36-1380 (平日 9:00から17:00)
Get Adobe Reader PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧頂けます。詳しくはアドビシステムズ株式会社のサイトをご覧ください。